淡褐色のシミ(斑)である肝斑のお悩みなら|広島の産後骨盤


肝斑


肝斑(かんぱん)とはいわゆるシミのことで顔に淡褐色のシミ(斑)としてあらわれます。

30〜40歳以上の女性たちに多く見られます。

原因:女性ホルモン
   紫外線
   ストレス

紫外線対策は必須です。
なぜなら肝斑の症状も紫外線で悪化するからです。

ストレスがかからない生活を送るようにすることも必要です。
ストレスや寝不足など不規則な生活により女性ホルモンのバランスが崩れると
肝斑の誘因になったり発症後の場合なら悪化につながることも考えられます。


鍼灸治療は全身の血流やリンパの流れを促進・改善し
お肌のトラブルの原因である身体的ストレスを軽減します。

身体の免疫力が高くなり細胞活性・抗酸化作用が促進されるので
肌の老化予防(アンチエイジング効果)にもつながります。

当院は美容鍼専門としてお顔の治療に実績がありますので
気になる方はご相談ください。









ispot
メール予約は必ずモバイル端末同士での予約のほどをお願いしたします。






当院の主な治療メニューは以下
4つになりますので参考にください

↓ ↓ ↓ ↓


痛くなく優しい鍼治療

ボキボキしなく痛くない整体

お顔と骨盤のお悩みに

自律神経の調整なら



当院で研修をうけた全国の女性
鍼灸師から感想を頂きました。




患者様から喜びの声
beffor / after必見







ブログの最新記事