外陰掻痒症など陰部周辺の痒みのお悩みなら|広島の産後骨盤



外陰掻
の鍼灸治療

外陰部掻痒症とは
外陰部にかゆみを訴える状態をいいます。


原因
カンジダ症、トリコモナス症などの感染症
膣炎、外陰炎
下着やナプキンなどが肌にあわない
糖尿病、ホルモン異常、アレルギー性皮膚炎、自律神経失調症 など

西洋学的治療
原因となる疾患がみつかれば治療がおこなわれます。
原因疾患がない場合は清潔に心がけます。


鍼灸治療
東洋医学的には卵巣や子宮に熱がこもっていることが多いのでこれを放出する治療をします。
しかし局所に熱がある場合はからだ自体は冷えていることも多く全身の気の流れのバランスをとることが必要になります。
  
外陰掻痒症は原因治療が必要です。

外陰掻痒症の約半数は心理的なものが原因でなかなか治りにくいこともあります。

なので
根気よく鍼灸治療を続けることが大事です。









ispot
メール予約は必ずモバイル端末同士での予約のほどをお願いしたします。






当院の主な治療メニューは以下
4つになりますので参考にください

↓ ↓ ↓ ↓


痛くなく優しい鍼治療

ボキボキしなく痛くない整体

お顔と骨盤のお悩みに

自律神経の調整なら



当院で研修をうけた全国の女性
鍼灸師から感想を頂きました。




患者様から喜びの声
beffor / after必見







ブログの最新記事