腹痛などで鍼灸治療なら|広島の産後骨盤




<腹痛>

原因不明のものが多く
自律神経不安定症状の一つの表れと考えられています。

ただし受診が必要な場合は
・痛みの部位がおへそから離れたところにある
・熱がある
・下痢便で血液や粘膜が混じっている
・食べたものを全部吐いて激しく泣く
・おなかの一部分がぷくっと膨れている
・おなかがパンパンになっていて軽く触っても痛がる


治療としては

お腹や足が冷えていることがあるので
おへそ周りや足を温めたり背中をさすることで効果が期待できます。

また原因を見極めることが大事で
生後三ヶ月ころですと腸管に溜まったガス
少し大きくなった子供は便秘

が原因でおこることが多いです。












ispot
メール予約は必ずモバイル端末同士での予約のほどをお願いしたします。




当院の主な治療メニューは以下
4つになりますので参考にください

↓ ↓ ↓ ↓


痛くなく優しい鍼治療

ボキボキしなく痛くない整体

お顔と骨盤のお悩みに

自律神経の調整なら



当院で研修をうけた全国の女性
鍼灸師から感想を頂きました。




患者様から喜びの声
beffor / after必見







ブログの最新記事