栄養学 ビタミン、ミネラル

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

 

ビタミンやミネラルはエネルギー源にはなりません。

しかし人体構成成分になったり、身体の生理機能を調節をしたりと、

健康な身体を維持するために重要な栄養素です。

ビタミンやミネラルは三大栄養素ほど量は必要ありませんが不足しやすく、

不足が続くと欠乏症がでます。

ビタミンやミネラルは人間では体内で合成することができない為、

その分毎日の食事から摂取する必要があります。

 

身体に大切な作用をもたらすビタミンやミネラルですが、摂り過ぎもよくありません。

過剰摂取の副作用を少し挙げていきたいと思います。

ビタミンA→妊娠中においては、奇形・流産

カリウム→高カリウム血症や胃腸の不調、下痢

リン→副甲状腺機能亢進症や骨代謝障害

ビタミンK→貧血、血圧低下

 

このように摂り過ぎると過剰摂取になるものもある為、

適量を守って摂ってください。

 

どの栄養素も、適量をバランスよく摂取していくことが大切です。

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※

広島市で本格的な鍼灸整体治療をお探しなら

女性スタッフも在籍している松鶴堂鍼灸治療院

★広島市で整体をお探しなら

★広島市で産後の骨盤矯正なら

予約受付電話  082-264-7724

診療時間  9:00~18:30 (最終受付18:00)

予約・ご相談などお問い合わせフォーム

※※※※※※※※※※※※※※※

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>