胃酸過多症・呑酸・胃酸が上に上がってくる(バレット食道)・ノドにつかえる感じに鍼灸治療|広島の産後骨盤



胃酸過多症

原因

十二指腸潰瘍、胃潰瘍

副甲状腺機能亢進症

胃液分泌の促進と抑制を調節する神経(迷走神経、交感神経)や
ホルモン(ガストリン、セクレチン)の働きがうまくいかない

症状

胸やけ

げっぷ

胃の酸っぱい液体が口まで逆流してくる


鍼灸整体治療

自律神経失調に起因するものとホルモンバランスの崩れによるものですから胸背部交感神経と頚部迷走神経への働きかけを中心に背中側と腹部にあるツボに対して治療を行います。

また胃炎を併発している場合には
足のツボも使っていき炎症を抑えていきます。



広島市で胃酸過多、機能性ディスペプシアの鍼灸治療の口コミをお探しの方へ






ispot
メール予約は必ずモバイル端末同士での予約のほどをお願いしたします。






当院の主な治療メニューは以下
4つになりますので参考にください

↓ ↓ ↓ ↓


痛くなく優しい鍼治療

ボキボキしなく痛くない整体

お顔と骨盤のお悩みに

自律神経の調整なら



当院で研修をうけた全国の女性
鍼灸師から感想を頂きました。




患者様から喜びの声
beffor / after必見






ブログの最新記事