臭汗症、加齢臭、汗臭、足の臭いの鍼灸治療|広島の産後矯正



臭汗症


臭汗症とはわきがのように特有の臭気を発するというものです。

この臭汗症にはわきがのほか、足臭症、陰部臭汗症などがあります。

いずれも、アポクリン腺からの分泌物が細菌によって分解されて起こると考えられています。

 ※アポクリン腺は、瞼(まぶた)や鼻、外耳道、わきの下、乳首周辺、へその
   周辺、肛門周囲、外陰部などに分布し、特にわきの下に多く集まっています。



東洋医学では汗が異常に多いというのは心臓や小腸、特に小腸が
活性化しすぎているために起こるものだと言われます。

これは見方を変えると本来排尿されるべき水分が小腸の働きよりも腎臓の働きの方が弱いため
皮膚から汗となって出てしまうのだということです。

鍼灸によって大腸を活性化させ腎臓と膀胱系強めることにより
排尿させますから発汗を減らせるのです。


自宅でのケアは以下の通りです。
1.皮膚はいつでも清潔に保つ
2.皮膚の保湿をおこない、乾燥させない
3.適温・適湿の環境を心がける
4.刺激の少ない衣類を着る
5.室内を清潔に保つ
6.ストレスの除去


広島市で鍼灸治療の口コミをお探しの方へ









ispot
メール予約は必ずモバイル端末同士での予約のほどをお願いしたします。






当院の主な治療メニューは以下
4つになりますので参考にください

↓ ↓ ↓ ↓


痛くなく優しい鍼治療

ボキボキしなく痛くない整体

お顔と骨盤のお悩みに

自律神経の調整なら



当院で研修をうけた全国の女性
鍼灸師から感想を頂きました。




患者様から喜びの声
beffor / after必見





ブログの最新記事