骨盤ストレッチ整体

ストレッチ整体療法とは?

松鶴堂でおこなわれている骨盤ストレッチを紹介しております。
タイ古式を取り入れたソフトな整体になります。
ストレッチにて悪い場所を探してからそこに鍼や整体をします。
また最後に自宅でできるストレッチをご指導します。



ストレッチの様子↓


自宅でのストレッチ指導の様子↓


・整体やカイロで姿勢はよくなるがすぐに元に戻る

・鍼灸で痛みやコリはよくなるがすぐに元に戻る

・自分で運動をしているがなかなか柔軟性がつかない

・スポーツを一生懸命しているがなかなか成績がのびない

などなど治療家の治療に頼りすぎたり、 自分でストレッチ
をしているがなかなか筋肉が柔らかくならない といった方
に対してお勧めしたい療法になります。

長時間の同じ作業にて硬くなった筋肉は簡単には
ほぐれません。 硬くなった筋肉はいずれ神経や
血管を圧迫して症状が悪化して いきます。

ですのでそのポイントをしっかり緩める必要があるのです。
特に脇腹やふくらはぎなどは意外に軽視される部分
ですが大事なポイントです。 レントゲンでは異常が
出ない 腰痛はあるけれどレントゲンでは異常が
出ないなどといったお話は よく聞く話だと思います。

そんな場合は、ジッとした姿勢では問題はないけれど、
いろんな動きをすると歪みがひどくなるという
ケースがあります。 そういう時に当院のストレッチ
鍼灸がおすすめになります。 ストレッチではおもに
タイ古式マッサージの理論とストレッチの
理論を混ぜてその方の筋肉の悪いところを
探していきます。 そしてその方の悪いポイントを
ピックアップしてそのポイントに 鍼や整体をして
いく治療法です。 何度かしていくことで筋肉も
どんどん柔らかくなり 症状の改善に近づいていく
ことになります。 自分では気づかなかった腰痛、
本当の原因は 腰にないかもしれません。
じっくりとあなたの体が改善されていくことでしょう。


1、まずはタイ古式の技で   
脱力しながらストレッチを受けてください。

2、そして悪いところを覚えていただきその
ポイントのストレッチを自宅で行っていきます。

3、さらにそのポイントがよくなるようにその部分に
鍼灸や整体を組み入れていきます。

4、そして痛みがなくなり体が柔らかくなった時点で
ゆがみを矯正していきます。

5、最後にその状態を維持するために自宅で
ストレッチを続けたり、 月1回のメンテナンス
をおすすめしていきます。


【ストレッチ鍼灸担当 矢富先生からご挨拶】
「ストレッチ鍼灸」とはストレッチ手技と鍼灸治療を合わせた
施術になります。
まずストレッチの手技によって、体全体の関節の
動きや筋肉の状態を確認します。
動きの悪い関節があった場合、原因と思われる筋肉や
筋膜に鍼灸治療を行うことにより、関節の動きを
改善し身体の柔軟性を取り戻します。

体の柔軟性が失われることにより起こる腰痛、
首肩の痛みなどの症状も改善されます。
筋肉を使いすぎたり、長時間同じ姿勢を続けると血行が悪くなり
固くなってきます。筋肉が固くなると、関節の動きがにぶくなり、
体が固く感じるようになります。体が固いと様々な動きに制限が
かかり、日常生活に支障が出始めます。

そのため、そうなる前に身体をメンテナンスしておくことが
重要なポイントとなります。
特に大きな症状がない場合でも、柔軟な体の状態をキープしておく
ことで、怪我や腰痛をはじめ様々な症状を未然に防ぐことができる
のです。基本的にストレッチ手技によって身体の状態を確認して
いきますが、足底部の反射区を参考に内臓の状態も
確認していきます。

内臓の状態は筋肉や関節にも影響を与えます。
内臓を元気にしていくことで全身のバランスが整いやすくなり、
自然治癒力がより一層高まります。
ご飯がおいしく食べれるようになった、疲れにくくなった、以前より
楽しいと感じることが多くなった、よく眠れるようになった、
こういった一つ一つの変化が病気になりにくい体へとつながり、
質の良い生活を送ることができるようになります。


みなさまが元気で毎日を楽しく過ごしていかれますよう
精一杯お手伝いさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。




▲ページトップに戻る