漢方について

最近では、一般の人にも漢方は広く普及し、
健康保険が適用された漢方を病院で
手軽に手にできるようになりました。

テレビや新聞などのマスコミも、現代医学の中の
漢方の意義を取り上げるようになって、
正しい知識が少しずつ普及されるようになりました。

それでも、民間薬との違いを十分にご存じない方や、
漢方のみを信じて、現代医学から遠ざかっている方もおられます。

現代医学の良さと、漢方、東洋医学の良さ、
それぞれを十分に生かせると良いですね。

漢方とは

漢方とは中国で生まれ、中国・韓国・日本の
それぞれの国で独自に発展した「生薬中心の医療」です。
一般に東洋(中国)医学は、薬物療法中心の漢方と、
物理療法が中心の鍼灸の2つに分けられます。

日本では江戸時代に日本独自の発展をとげ、
源流の中国から、それぞれの地域で
独自の治療が行われてきました。

漢方の基本の考え方

漢方では、人間の体も自然界の一部という考えのもと、
できるだけ全体的なものの見方をするのが特徴です。

例えば、「頭痛」という症状に対して、
これを単に頭部の異常と考えず、
胃腸や血液の流れが原因かもしれない考え、
できえるだけ広い範囲から原因を探し、
それに合った治療を行います。

また、個人の体質を重視するのも特徴です。
冷えや胃腸の強弱によって、処方を変えていくのです。

漢方医学の特徴

漢方は「証」の医学といわれます。

「証」とは、患者さんの病態を分類したものです。
一つ一つの症状だけでなく、冷えや体質なども
合わせてみたてていきます。
証に対して漢方を処方していくので、
例えば頭痛のある患者さんと嘔吐のある患者さんに
同じ名前の漢方薬が出される事もあります。
患者さんの状態をよく観察し、証を立てるのが漢方なのです。

漢方薬と民間薬の違い

あまり一般的には区別されていないようですが、
専門的には、漢方薬と民間薬では大きく違います。

漢方薬では、薬ごとの生薬は一定の比率で構成され、
同じ名前の漢方では、同じ生薬と決まっています。
また、複数の生薬を組み合わせて使うのも特徴です。

民間薬では、単品で薬草を使う事が多いようですが、
作る人、場所によって語り継がれた製法が多く、
薬草の種類や比率が不規則なものが多いです。

また、民間薬では作用が比較的おだやかで、
副作用のないものが多いですが、
漢方薬では使い方を誤ると副作用がでることもあります。

漢方治療では、専門的に勉強した人の指導のもと
取り入れることが大切です。

自分の体質を知る

漢方医学は体質医学ともいわれます。
これは、それぞれの患者さんの体質によって
個々のメニューを考えるからです。

特に「陽・陰・実・虚」の4つの分類を重視します。


・陽証(熱証)
暑がりで冷たいものを好み、よく汗をかく

・虚証(寒証)
寒がりで手足が冷えやすく、温かいものを好む

・実証
普段から体力があり、やや便秘ぎみ

・虚証
体力がなく、胃腸も弱いタイプ。風邪をひきやすい

診察法

漢方の診察が西洋医学と違う点は、
まず、人間の目や手の感覚をきわめて重んじる点です。
人間の五感や経験をもとに、四診といわれる
4つの診察法で患者の状態を調べていきます。

・望診
患者さんの顔色や顔つきなどを見ます。
中でも、舌診といって、舌の状態から
内臓のの状態を察知します。
また、皮膚の色つやも大切な情報です。

・聞診
患者さんの声の調子を見ます。
声の大きさや強さ、また、声にはりがあるかなど
普段の会話から観察していきます。

・切診
患者さんの体に直接触れる方法で、
脈を診る脈診と、お腹に触れる腹診があります。
五臓六腑の働きや、お血、緊張などを判断します。
特に腹診は日本独自のものです。

漢方治療の上手な受け方

漢方治療では体の気になる症状について、
また、一見すると関係なさそうな生活についても
詳しく聞かれます。
あらかじめ、悩んでいることや気になる事については
メモしておいたり、何を話すか決めておくと良いですね。
初診の時には時間がかかる事が多いので、
予定にはゆとりをもっていきましょう。

漢方はある意味では排泄の治療とも言えます。
漢方薬を飲むと、便通が良くなったり、
尿の出が良くなったり、月経の量が増えて
驚くことがよくみられます。
これらは一種のよどみを消す作用といえます。
はじめはびっくりしますが、こういう現象が
みられる時は、治療が上手くいっている証拠です。

得意な病気、不得意な病気


漢方にも得意不得意の守備範囲があります。

機能的な病気といわれるものは漢方の得意分野です。
自律神経からくるもの、不定愁訴、慢性胃炎、過敏性腸症候群、
更年期障害、虚弱体質など
喘息やアレルギー、慢性肝炎、リウマチなども、現代医学と
併用することで、優れた効果を表します。

逆に、救急を要するような病気には向きません。
心臓の病気やガンなどは、現代医学が得意としています。

副作用


薬である以上、漢方薬にも副作用があるといえます。
下痢や発疹、口内炎などでビックリする人は多いでしょう。
動悸やひどい下痢、食欲不振がみられる場合は、
薬と症が合っていなかった場合がほとんどなので、
他の薬に変わるとすぐ良くなります。

西洋薬のような常習性や、催奇形性や肝臓障害などの
重い副作用はまずありません。

現代医療と漢方

病院で漢方薬を処方してもらうとき、
今まで飲んでいた薬をどうしようか悩むかもしれません。
まず、漢方薬と西洋薬との併用について、
現実にはほとんど心配いりません。
むしろ、現代医学と併用した方が、優れた効果がでることが多いのです。

一部の降圧剤や、心臓の薬、ステロイド、睡眠薬などは
急に薬をやめると反動現象がおこってしまう事があります。
漢方薬と併用しつつ、状態をみながら減薬の相談をされてください。

現在の日本の医療では、エキス剤の約150処方や
生薬の大半が保険で認められています。
はじめて漢方を試される方は、ぜひ、かかりつけの
ドクターに相談してみてください。

パッケージされた漢方で効果が感じられない方や、
本格的な漢方を試してみたい方は、自費診療の医療機関も良いでしょう。
個々の生薬エキス剤では、保険で認められていないものもあります。
また、漢方でいう「さじ加減」は専門医の腕の見せ所です。

エキス剤と煎じ薬

漢方薬にはエキス剤と煎じ薬の2種類があります。

エキス剤は生薬を煎じて、残りカスを捨てたり、
乳糖などと混ぜて飲みやすくしたものです。

例えると、煎じ薬をドリップコーヒーとするなら、
エキス剤はインスタントコーヒーのような関係です。
しかし、最近のエキス剤はきわめて質が高く、
効果はほとんど変わらないといえます。

煎じ薬の場合は、毎回服用前に煎じるために、少し手間がかかります。
しかし、製造過程で気剤といわれる香り成分がなくならないため、
エキス剤より一層効果が期待できます。
また、漢方医のこまかい「さじ加減」が力を発揮するのも
煎じ薬ならではと言えます。
土瓶やホーローの鍋でコトコト沸騰させて煎じていきます。
金属のやかんは、大切な成分が失われるので避けてください。
専用の自動煎じ器なども売られているので、忙しい方におすすめです。



▲ページトップに戻る