取材について

松鶴堂が中国新聞のフリーペーパーCUEで特集されました

広島市を中心としたフリーペーパーCUE
「血の巡り」特集で院長が取材を受けました。







今回特集された「血の巡り」は、東洋医学において、
冷えと同じくらい重要なポイントです。

記事の中ではゴースト血管など、末端の流れについて
特に取り上げられましたが、体の隅々までたっぷり
血を巡らせるというのは、現代人にはとても難しい事です。

特に下半身の筋力が弱い方や、
出産などで骨盤がずれてしまった方などは
下肢や骨盤内臓器の血流が滞りやすい傾向にあります。

少しの歪みやアンバランスからはじまり、
腰痛や内臓の弱りなどじわじわと広がってしまうのです。

お体のケアは「未病」のうちが大切です。

体がねじれてスッキリしないな、
お腹の動きがおかしいな、

そんな時はメンテナンスしてあげましょう。

松鶴堂での取材のご依頼について


当院では、日々の臨床で得た知識や症例などについて
鍼灸の普及や発展のため発信できればと考えております。

取材や執筆依頼につきましては、院長が対応していますが、
多忙時は電話に出れない場合もありますので、
お問合せはメールにてお願いしております。

こういった活動を通じて、鍼灸の魅力を多くの人に知ってもらい
鍼灸全体の普及につながればと考え、今後も臨床で研究を続けていきます。



特に当院では産後のママさんや育児で疲れたママさんの治療に力を入れています。
それに関する特集なら更にお手伝いをさせていただきたいのでおしらせください。

治療中はお電話でお話ができないかもしれません。
その際はこちらからお電話をしなおしますのでよろしくお願いいたします。

多くの女性の方が産後の不調に苦しんでいます。
ですのでその中の何人かでも骨盤の歪みに気づいてほしいと、
今後も雑誌やテレビなどの取材は積極的におこなっていこうと思います。
早い段階でゆがみの調整をすれば早い方で3回で
終了できますのでご相談してほしいと思います。




▲ページトップに戻る