月別アーカイブ: 2017年10月

お灸というものを再認識しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

2561_2

皆さんこんにちは。

当院のブログではお灸に関しての数々を取り上げてきましたが、

お灸とは何かという事を、今回の記事で再確認していきたいと思います♪♪

 

まずお灸というと熱い、火傷する、その火傷がいつまでも残るなどと

思われがちですよね。ひと昔前の表現方法では「やいとを据える」

なんていう昔でいう民間療法でありお仕置きのために使うなど、あまり

良いイメージがありませんが、国家資格を所有している我々だからこそ

使いどころを考えれば、これは立派な治療行為なのです。

 

もちろん患者さん自身の持っている症状によっては、熱いお灸を行う

事もありますが、初めての患者さんやほとんどの患者さんに対して行うお灸

はあったかくて気持ちいい手法を採用しています。
お灸をすると、その場の温かさだけでなく、しばらく時間が経っても

ポカポカとした感覚が続きます。

最近では薬局でも手軽にお灸を購入できることから、自宅で自分の体質改善

の一助にもなり得ます。
「湯治」といって専門の温泉に一日に何回も浸かって体をしっかり温めて

病気を治したり、痛みを押さえたり、不調を整えたりする治療法もありますが

この方法だと膨大な時間とお金がかかってしまいます。
当院でオススメしている方法や、薬局で扱っているお灸を使えば、ローコストで

どこでも自身でお灸を据えることで続けるごとに少しづつですが変化が出てきます。

自分の体にもっと関心や興味をもつ良いきっかけにもなります。
松鶴堂では主となる治療とその後に、まず自分でお灸ができるように指導も

しています。これには治療の効果を底上げするためのアフターケアの意味があります。
不定期ですがお灸教室も行い、もっと深くお灸の事、ツボの事など指導しています。
恐がらずまずチャレンジしてみて合う合わないを判断されてみてはいかがでしょうか?

 

必ずしも全ての疾患や症状に対してお灸を施すわけではありませんが、症状は治してみたい

のにお灸や鍼が怖くて・・・なんていう方はご相談いただければと思います。

 

関連記事

広島市内で肩や腰・手足の冷えた感じにお悩みの方の鍼灸整体治療なら

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

松鶴堂式マッサージの成り立ち

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

08-05

皆さんこんにちは。

当院でおこなっている中国マッサージである松鶴堂式マッサージは
院長が中国留学時代に岳陽病院というマッサージで有名な病院で
学んだ技が中心となっております。それにアメリカで考えられた

トリガーポイントマッサージを融合して作られたものです。

さらに長原先生のタイ古式ストレッチが融合して3つの良い要素が合体した

当院オリジナルの技になります。
院長は現在針専門になっておりますので誰か伝統ある中国マッサージを

してくれる方がいればいいのになということで探していたのですが、

この度2名の治療家にお任せすることになりました。

 

まずは平成29年9月から一人の先生がデビューしています。女性の先生で

音西先生といいます。また平成30年4月にも男性の先生がデヴューいたします。
現在二人の先生とも修行中でしてさらなる研修を重ねております。

 

当院のマッサージはリラクゼーションマッサージではありません。
国家資格を取得した先生がおこなう医療用マッサージであります。
ですので××分××××円という設定にしていませんことをご了承ください。
マッサージの中でも効果のあるものだけを厳選したものでおこなうため
短時間で効果を出していくということを目指しております。

 

その中で必要な方には鍼治療や吸い玉による治療も併用させていただきます。
この辺りも一律料金でやらせていただきます。
皆さんの体の状態を確認してから検査も行い、それに伴って治療をしていくので
、いわゆる気持ちの良いマッサージというものは当院では行っておりません。
多少痛くても効果があるものでおこなうので、治療後に多少の好転反応も出る

こともありますが、2~3日たてば回復していきますのでご安心ください。

 

また、さらに状態によっては骨盤矯正や猫背矯正の技術も併せて行うことで
マッサージ+矯正という、痛みだけでなく姿勢のゆがみまでも調整して
見た目の美しさも追及していけたらとも考えております。
ぜひ当院のマッサージを一度受けていただくことをお勧めいたします。

連日予約が混み合っている状況なので、予約をされる場合はお早目に

お願い致します。

 

 

関連記事

広島市内でのマッサージ整体による首・肩・腰などの治療なら

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket