むくみとホルモンバランス

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

むくみが気になる、という方。

そうでない方でも、特に生理前になるとむくみ易くなるという方、

多いかと思います。

 

そんな生理前のむくみの原因は、ホルモンバランスが大きく影響しています。

妊娠に備えて厚くなる子宮内膜ですが、これは「黄体ホルモン」

というホルモンの働きによって起こります。

このホルモンはいわゆる生理前に分泌量が高くなりますが、

この黄体ホルモンの働きで身体の不調を訴える方も少なくありません。

 

「黄体ホルモン」の働きは、

子宮内膜を厚く柔らかくしたり、妊娠に備えていくにあたって、

水分や栄養を身体に溜めこみやすくなったり、

骨盤内に血液を溜める一方、全身の血流の流れが悪くなったりします。

この現象によってむくみは起こりやすくなるのです。

 

ホルモンバランスによるむくみには、鍼灸治療や整体がおすすめです。

生理前は自律神経のバランスが崩れがちですが、

患者さんにあったツボの刺激をしていくことで自律神経のバランスを整え、

全身の血流をよくしてむくみを改善していきます。

 

生理前のむくみやホルモンバランスの崩れが気になる・・・という方、

お気軽にご相談ください。

 

関連記事

広島の足のむくみに整体治療

広島のふくらはぎの疲れに整体治療

 

※※※※※※※※※※※※※※※

広島市で本格的な鍼灸整体治療をお探しなら

女性スタッフも在籍している松鶴堂鍼灸治療院

★広島市で整体をお探しなら

★広島市で産後の骨盤矯正なら

予約受付電話  082-264-7724

診療時間  9:00~18:30 (最終受付18:00)

予約・ご相談などお問い合わせフォーム

※※※※※※※※※※※※※※※

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>